Javascriptを有効にしてください

NEWS

2018.09.07 インフォメーション

『弱虫ペダル GLORY LINE』が、「ツール・ド・東北 2018」のコースを走る!
スペシャルグラフィックを都内・仙台で掲出。#東北ペダル

yahoo_01_02.jpg

2018年9月15日(土)、16日(日)の2日間、ヤフー株式会社と株式会社河北新報社が共同で主催する自転車イベント「ツール・ド・東北 2018」の開催にあたり、TVアニメ「弱虫ペダル」とコラボレーションしたスペシャルグラフィックを、JR新宿駅構内や東京メトロ駅構内、JR仙台駅構内にて2018年9月10日(月)から掲出いたします。
スペシャルグラフィックは全部で9種類あり、そのうち6種類の背景は「ツール・ド・東北 2018」の実際のコースが描かれています。各グラフィックには、「ツール・ド・東北」に参加したライダーが感じた想いを元に作成した言葉を掲載しており、「弱虫ペダル」の登場人物の姿と合わせて、東北の現状や魅力を感じていただけるデザインとなっています。

【期間】
2018年9月10日(月)から9月16日(日)まで掲出
※仙台駅は9月11日(火)から9月17日(月)まで掲出

【場所】
・ JR新宿駅構内(9種掲出)
・ 東京メトロ 銀座駅、表参道駅、上野駅、日本橋駅、新橋駅、赤坂見附駅、渋谷駅、池袋駅、大手町駅、東京駅、新宿駅、茅場町駅、六本木駅構内(各駅に1〜2枚掲出。東京メトロの駅全体で計9種掲出)
・ JR仙台駅構内(9種掲出)

■ツール・ド・東北について
株式会社河北新報社とヤフー株式会社は、東日本大震災の被災地の実状を肌で感じてもらうため、自転車で被災地をめぐる「ツール・ド・東北」を、2013年より規模を発展させながら毎年開催しています。第6回の本大会は、仙台市を出発地とするグループライド「仙台発グループライド&クルージング」、南三陸町を出発地とする「南三陸ワンウェイフォンド」を新設、過去最多の計9コースを計4,000名が出走予定です。自転車だけでなくハイキングやクルージング、震災復興伝承館の見学など観光要素を取り入れた多彩なコースを通して、ライダーに東北の新たな魅力を知ってもらう機会を提供いたします。東北のサイクルツーリズム推進の一端を担い、震災復興と地方創生に貢献しながら、「ツール・ド・東北」は日本有数の自転車イベントとして進化を続けてまいります。

公式サイト:https://tourdetohoku.yahoo.co.jp/

公式サイトお知らせページ:
https://tourdetohoku.yahoo.co.jp/news/20180907/o01.html